計画通りに返済できなかったら

個人再生は原則3年間、まれに5年間の期限付きで借金を完済していくのを条件として、債権者に大幅な借金減額をする債務整理です。けっこう手続きも面倒で大変ですが、それだけに個人再生が認められた時の気持ちは、ひとしおというもの。

 

もちろん、個人再生をしたからには計画通りに返済をすることが求められますが、そううまくいくとも限りません。では、計画通りに返済ができなくなったらどうすればいいのでしょうか。

 

まずは延長しよう

個人再生はその名の通り、債務者という個人を経済的に再生させることを目的としていますので、一度返済計画が守れなかったらといって即刻自己破産、というものではありません。猶予を与える意味で、延長することが可能となっています。

 

最長でプラス2年間延長できますので、5年間ならば7年間になるというわけです。

 

これには裁判所の許可が必要であり、債権者との話し合いで決まる性質のものではありません。

 

それでもだめならハードシップ免責

2年間延長してもらったがやはり返済が難しいとなれば、今度は「ハードシップ免責」の可能性が見えてきます。

 

これは、「4分の3以上の借金が返済してあること」「返済困難の理由が本人にないこと」「延長しても支払いが難しいこと」の条件を満たせば、住宅を持ちながら残債を免除してもらうことができる制度です。

 

複雑な内容や手続きとなってくる延長や免責は、やはり専門家への相談や依頼が肝となります。最近では借金問題の相談も匿名の借金無料相談にあるように気軽に行えるようになっているので、個人再生以外の借金問題の悩みもまずは相談をしてみると良いでしょう。