必要な費用の目安

個人再生の申立を検討している人は、よほどお金に困っている人です。できればお金をかけずに債務整理をしたいところですが、さすがに無料で債務整理はできません。

 

では、具体的にどんなお金がどのくらいかかるのでしょうか。

 

申立にかかる実費について

個人再生の申立でかかる実費には、まず印紙代がありますが、この金額は管轄する裁判所にかかわわず1万円と決まっています。しかし、裁判所が書面の送付に必要な郵便切手代は、管轄する裁判所によってその値段が異なります。大体2000円から4000円といったところでしょう。

 

また、個人再生をすると官報に掲載されるのですが、掲載費用として12000円程度かかります。「別に官報になんか掲載しなくてもいいよ」と思っていても、そういう決まりになっているので仕方ありませんね。

 

個人再生委員が選任されたら

まれに、裁判所が個人再生の手続きを円滑に進めることを目的に、法律の専門家を選任することがあり、それを個人再生員といいます。この費用は15万円から30万円程度かかるため、選ばれない方が金銭的には楽です。

 

また、弁護士を代理人に立てておけば個人再生委員は選任されない傾向が強いですが、弁護士を代理人に立てるにもお金がかかります。こちらも弁護士によって費用は異なりますが、おおむね30万円程度が相場です。

 

大体の相場が決まっている費用は、個人再生に限らず債務整理全般でも同様です。大まかな費用から極端に安いところは逆に怪しいので、ざっくりとした費用や料金を知るためにも債務整理の料金面と費用を調べておきましょう。