給与差し押さえの対抗手段

借金で苦しんでいる人にとって、債権者がとる手段の中でダメージが大きいのは、給与の差し押さえです。借金返済の原資となるばかりでなく、生活資金ともなるわけですのでそのダメージは計り知れません。

 

個人再生は給与差し押さえの対抗手段

そんなとき、給与差し押さえを黙って指をくわえたまま見ていてはいけません。借金の返済がままならないのであれば、個人再生の申し立て手続きをすべきです。

 

個人再生の申立をすれば、給与差し押さえ中止の訴えを裁判所に提起することが可能です。そして裁判所から中止命令が出れば、給与の差し押さえはストップされます。

 

債権者も、個人再生の申立があれば給与差し押さえを取り下げるほどもあるくらいで、それほど個人再生は給与差し押さえの有効な対抗手段なのです。

 

仮にここで裁判所から中止命令が出なくても、心配することはありません。個人再生の申立が認められれば、給与差し押さえを含むすべての強制手続きは失効されます。

 

債権者は平等

なぜ個人再生が有効な手段か、それは「債権者平等の原則」に立脚しているからです。給与差し押さえはある意味、他の債権者を差し置いて自分だけ返済してもらおうとする「抜け駆け」です。

 

個人再生をすれば、すべての債権者に平等に返済されますので、その前の抜け駆けは原則に反する行為なのです。

 

お金に困ってローンの支払いができないとなると、何かと不安になります。悩んでいても何も解決はできないので、とにかく相談をしてどのようにすべきかを聞いてみると良いです。